2020年明けました。【2019年振り返り】

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

・・・既に年末年始休暇も終わったというのに。

年末に今年の振り返りってことで、2019年に作ったキットをまとめた記事を投稿しようと思っていたのに、実家に顔を出していたらそんな時間はすっかり無くなってしまいました・・・。
てなわけで、このまましょうもない挨拶だけで終わらせるのもなんなので、その去年の作品まとめでもしようかと思います。

(各作品タイトル画像クリックで作品個別ページへ)

HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ナラティブVer.)

製作記:HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ナラティブVer.)

コンスタントに作品を作り続けるのを目標にスタートした2019年1発目の完成品。
一番のテーマは「上品な金色」の表現
2018年に作ったMGフェネクスでは、満を持して使ったフィニッシャーズの赤金が思ったような発色にならず、その後知ったブラウン下地のゴールド塗装でいつかリベンジしようと決心しておりました。

工作としては、肩の大型化、つま先の延長、各部にフレーム状ディテの追加
ぐらいです。
ナラティブ版になってアームド・アーマーDEの取付位置が変わり、縦長になったので地味に撮影に苦労した記憶があります。

MG アドヴァンスドジンクス デボラ機

製作記:MG アドヴァンスドジンクス デボラ機

このキットも塗装がテーマというか、リバウに使おうと思っていたガイアノーツのエヴァレッドを先に試してみようと、このキットに手を出しました。
00は外伝まできちんとはカバーできていないのですが、結構一目惚れに近い感じでポチった記憶がありますw

撮影環境の差もあるとは思いますが、結構色味が変わりました。
塗装前は結構深めな赤でしたが、エヴァレッドは2号機をイメージしたカラーなので、朱色寄りな赤です。
でも、結果的に高彩度でよかったと思います!

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]第2形態

製作記:HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]第2形態

プレバンで発売されるまで雑誌付録のフルドドがプレミア価格になっていたのですが、この度めでたく適正価格で手に入るようになりました。
急に来たA.O.Zフィーバーにびっくりしている訳ですが、その波に乗ってヘイズル・ラーを作ってみました。
こっちはより重装備の第2形態。
ヘイズル本体自体はHGなのでさほどパーツ数も多くはないのですが、フルドドが2機分付くので、パーツ数は一気にMGレベルに・・・。
組み立て後のボリュームも満点なキットでした。

本体全身

このフルドドを外した状態もきちんと見栄えよく作ろう、というのが第2形態を作っていた時のサブテーマでした。
改修部分としては、腰と太ももの延長、リアアーマーの角度変更です。
詳しくは製作記からどうぞ!

HGCE デスティニーガンダム

製作記: HGCE デスティニーガンダム

HGCEとしてリメイクされたデスティニーガンダム。
SNSでも話題になっていましたが、とにかく素組み状態でもかっこいいキットとなっています。
今回はほんの少しだけフレーム状ディテなどを追加し、プロポーションなどは触っていません。
宝の持ち腐れ状態だったRGデスティニーガンダム用のガンダムデカールを使うべく製作しました。

何気にお気に入りのカット。
肩の上面に追加したディテールが確認できます。

HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]フルアーマー形態

製作記: HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]フルアーマー形態

ほとんど資料のないヘイズル・ラーのフルアーマー形態。
その状態を再現すべく製作しました。
行った工作は第2形態の時とほぼ同じ。
ただ、リアアーマーを触らなかったのと、腹部パーツなどは今後の事(アウスラ作成)なども考えてレジン複製しました。

フルドドは1つだけですが、サブアームユニットなどがついているので、腰回りも結構なボリュームに感じますね。

HGUC ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ

製作記: HGUC ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ

ガンダムベース限定キットのペルフェクティビリティ。
公式通販にラインナップされたのを機に購入しました。
これまでバンシィやフェネクスが搭載してきたアームド・アーマー全部盛りのユニコーンガンダムという暴力的なボリュームのキット。
圧倒的なボリュームで見栄えはばっちりですが、製作は今期が必要なものになりました・・・。

工作は他のRX-0系キットと同様に肩の大型化とつま先の延長です。
メインテーマは、MG版ペルフェクティビリティ製作に向けて、サイコフレームの塗装に使う塗料の選定。
サブテーマはRGユニコーンガンダム用のガンダムデカールを使っての情報量アップでした。
サイコフレームの塗装に関してもおおよそイメージが掴めたので、MG版ペルフェクティビリティやMG版フェネクスNTにも転用しようと思います!

てなわけで、2019年の完成品は6キットとなりました。
実は毎月1つという目標を掲げていたのですが、その半分という結果。
原因は4月の転職やsteamに出会ってしまったことでしょうかw

2020年は製作過程を動画に残しつつ、昨年以上の完成品数を目指して日々精進しようと思います!
それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!