HGCE デスティニーガンダム

今回は通常販売のキット、「HGCE デスティニーガンダム」を作製しました。

作品画像

真正面から。

いつもの斜め前方から。

左右から。
実は、シールドの小さい黄色部分は付属のシールを貼って、その上からトップコートを吹いています。
付属のシールは結構使える部分(奥まっていて段差が出ないところとか)には使っていくスタイルです。

後ろから。
アロンダイトとビーム砲はもう少し塗分け部分があるのですが、雰囲気的にこのままにしました。

珍しくポーズを取った画像も。

デスティニーといえば、やはりこの2ポーズは外せないなと!
今見ると、アロンダイトの方はあまり腰が入ってないですね・・・。

改修部分

全身画像

改修後。

改修前。
(トサカだけ触ってしまっていますが・・・)

頭部

アップの画像を用意できてなくて申し訳ないですが・・・
トサカの一段上がっているところに、0.3ミリのプラシートを貼って、段差を大きくしています。

上面にフレーム状ディテールを追加。
貫通しているように見えるように、先に一段低く削ってからプラの平棒を貼っています。

胸部

ピン甘ですね・・・。
首元にプラの平棒でを追加しています。

コックピットハッチのところに、バー状のディテールを追加。
構造上、コックピットハッチが開かなくなってしまうんですけど・・・(笑)

あと、この画像ではボケてるのでわかりにくいんですが、脇腹のところにもフレーム状ディテールを追加しています。
赤と青のパーツの境目は可動する部分なので、青と水色のパーツを一部切り欠いて、その中に上端が入るようにしています。

腹部

背中側にこんな感じのフレーム状ディテールを追加。
組付けるとこのディテールは左右くっついているように見えますが、実は左右は接着していません。
本来の赤いパーツをバラせるようにしてあります。
赤いパーツ自体の合わせ目は最初から段落ちモールドになっています。

あと、内部のパーツで1ミリ延長しています。
トータルで見ると微々たる変化ですけど・・・。

腰部

ここにもフレーム状ディテールを追加。
あとは、リアアーマーを左右のブロックで切り離し、角度を変更してから再度接着しました。
これで、脚を後ろに引いて立たせられます。
腰が入った立ち姿勢になりますし、デスティニーの場合は背負い物が相当なヘビーさなので、自立時の安定度が変わります。

バックパック

大羽根と中羽根の合わせ目を消しています。
それに伴い小羽根のパーツなど、後ハメ出来るように切り欠いたりしています。
大羽根の中に組み込むスラスターのパーツが最初から後ハメしやすいような形状になっていたのですが、これは設計者からの挑戦状なんですかね?(笑)
本体はいろいろな部分が合わせ目が出ないようなパーツ分割になっていたのに、羽根関係のパーツはがっつりそのままでしたし。

仕上げ

塗装

工作終了後、全てバラしてから超音波洗浄を行い、きっちり乾燥させてから塗装作業に入りました。
いつも通り、最終的な色に合わせてカラーサフを使用。
緑の下地は青のサフにしました。

カラーレシピは後述します。

デカールワーク

デカールはガンダムデカールの「RG デスティニーガンダム用」を使用。
本体は、RGの説明書の指示位置に貼りましたが、バックパック(特にウイングユニット)が大幅に形状が違うので、そのままでは合わない部分だらけ。
向きを変えたりしながら、取捨選択して貼り付けています。
今回はこれ以外のデカールは使用せず。

トップコート

トップコートは、GSIクレオスのMr.カラー 「スーパースムースクリア」を使っています。
クアトロポルテのマルチシンナーとの超絶強力タッグで綺麗でしっとりとした表面に仕上がります。
他のトップコートが使えなくなるくらいお勧めです。

いろいろ買い貯めてるフラットコートがいっぱい残ってるんですけど・・・。
どうしましょうか・・・。

カラーレシピ

白:ガイアノーツ サフEVO グレー→ガイアノーツ Exホワイト+NAZCA メカサフヘビー(微量)
青:自作ブルーサフ→フィニッシャーズ ウルフブルー+ガイアノーツ 蛍光ピンク(微量)
水色:上記青+ガイアノーツ Exホワイト(少量)
赤:NAZCA ピンクサフ→ガイアノーツ エヴァレッド
黄色:NAZCA ピンクサフ→フィニッシャーズ ディープイエロー
緑:自作ブルーサフ→フィニッシャーズ ブリリアントグリーン+ガイアノーツ ミクヘアシャドウ(少量)
黒:ガイアノーツ サフEVO グレー→ガイアノーツ Exブラック
関節など:NAZCA メカサフヘビー

 

最後までご覧いただきありがとうございます。