HGUC ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ その3

前回、エアブラシでの塗装完了まで進んだペルフェクティビリティですが、エナメル塗料筆塗りでの塗分けとスミ入れまで終わったので、その報告でございます。

今回、スミ入れの色は、スカイブルーをベースにグレーを少し混ぜたものにしました。
ユニコーンガンダムのキットが発売になった最初期から、「サイコフレームの輝きが漏れ出している表現」としてよく取り入れられていたヤツです。
今までは、バンシィとかフェネクスとかスミ入れがわかりにくい機体ばかりだったので、取り入れませんでしたが、白いユニコーンとなると効果テキメンですね!

アップにするとこんな感じ。
太さを変えていた肩のパネルラインがわかりやすくなったかと思います。
思い付きでやりましたが、こうなるといい感じですね。

後姿。
筆塗りが絶望的に下手で、ムラになってるのが目立ちますね・・・。
可能な限りリタッチしようと思います。

最後にオマケでデカールが進んだ上半身の画像を。
結局、本体はRG用のガンダムデカールで行くことにしました。
これに含まれていないアームド・アーマー系はHG版が余っていたりする分や、HiQパーツのコーションデカールなどで補いたいと思います。

では!