HGUC ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ その4

前回は上半身のデカールが終わったところまでをチラ見せしたペルフェクティビリティですが、全身のデカールを貼り終えましたので、トップコート前の状態をご紹介です。

全身はこんな感じ。
NT版のフェネクスと違って背中のアームド・アーマーの取付位置が低いので撮影はいくらかやりやすいですが、それでも本体の写りの大きさを気にしていると上が切れてしまいます・・・。

本体をクローズアップするとこんな感じ。
前回紹介した通り、RGユニコーンガンダム用のデカールをメインに使っていますが、多いですね・・・。
これでも結構取捨選択しながら貼ったつもりなのですが。
自分で考えながら貼ったアームド・アーマー類とのギャップが気になるところです。

フェネクスでもそうでしたが、やはり展開するパネルラインを跨いでのデカールが一つの見せ場なRX-0系キット。
はたしてユニコーンは“EFSF”でいいのか?とも思いましたが、ネェルアーガマがロンド・ベルは名目上では連邦宇宙軍に属しているということなので採用しました。
ロンド・ベルの部隊章でもよかったのですが、“NA”とのバランスを考えたら、ごちゃっとしてる方がよかったので、こうなりました。
“EFSF”と“NA”と“01”の色が揃っていないのが悔やまれますが、いろいろなデカールセットから引っ張ってきてるので止む無しですね・・・。

という事で、次は本撮影の写真でしょうかね。

では!!