HGUC ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ その2

前回、工作を終わらせたペルフェクティビリティですが、そのまま塗装まで進めました。

簡単にマスキングできる部分も対応しつつ、エアブラシでの塗分けを行い仮に組んだ状態です。
引きで見るとそんなに違和感は無いですよね。
でも・・・

アップにするとこんな感じ。
幅増し工作をした肩部分の作業が荒すぎて、段差やらヤスリ傷やらが豪快に出てしまっています。
サフの段階で気付けばよかったのですが、ババっと一気に進めてしまったので、検品的なことは一切しませんでした。
その結果がこれだよ!!

と、いう事で、肩周りの荒いパーツはドボンして、表面処理からやり直しました。

で、表面処理後のサフ前画像がこんな感じ。
赤いのは、ガイアノーツの瞬間カラーパテ(マゼンタ)を使って段差埋めを行った部分です。

改めて、目に見える形で確認すると、結構段差や傷があったんだと反省しました。
急がば回れ、ですね。

改めて白で塗装したのがこちら。
ちょっとわかりにくいですが、それでも目に見えた段差などは無くなったことがわかります。
というか、エッジ部分にカラーパテを盛ったのもあり、角がピンピンになりました(笑)

組付け直した状態。
最初のは何だったのか、というぐらい素晴らしい表面に生まれ変わりました!

更にアップにするとこんな状態。
下側がめっちゃ綺麗になった代わりに、上側のパーツのヤスリ跡が目立ちますね・・・。
デカールで塞がる予定なので、許してください(;´・ω・)

最終的な状態。
ここから細かいところをエナメルで塗分けたり、墨入れしたりします。
そのあとにデカール貼り。
今回はHGUCユニコーンガンダム用にするか、RGユニコーンガンダム用にするか悩み中です。

カラーレシピですが、
白:ガイアノーツ サフエヴォ グレー→ガイアノーツ Exホワイト
サイコフレーム:ガイアノーツ サフエヴォ ブラック→タミヤ GXメタルブルー
青:自作ブルーサフ→ガイアノーツ ロイヤルブルー
紺:自作ブルーサフ→ガイアノーツ マーズディープブルー+Exブラック(微量)
関節色:NAZCA メカサフヘビー
この通りでございます。

今まで青のサイコフレームを塗装する際は、黒サフ→クロームシルバー→クリアブルーと3層にしていたのですが、クリアブルーの吹き重ねの濃さを揃えるのにいつも苦労していたので、今回は試しにメタリックカラーをそのまま使ってみました。
何気に色の入ったメタリック(ガンメタとかじゃなく)は初めて使いましたが、きちんと攪拌して、メタリックマスターで割れば遜色なく行けますね!
今パチ組みを始めているMG版のペルフェクティビリティも同じ作戦で行こうと思います。

次回は塗分け・スミ入れ後かな?

では!!