HGUC ガンダム6号機 マドロック その3

前回はデカールワークまで終わったことをお伝えしていたマドロックですが、この度トップコートと本撮影が完了したのでそのお知らせです。
まだ作品の個別ページも作ってないし、ヤフオクにも出してないし、YouTubeへ動画投稿も出来てないので、ブログ的最終回は次回になりそうですけども。

いざ撮影してみると、どんなポーズが映えるのか全然わからずググって出てきたいろんなガンプラの写真を参考にさせて頂きました。

やっぱりSEEDポーズは安定してカッコイイですよね。

あとは意外に合ったな、と思えたのはこの「倍返しだぁ!!」ポーズ。
え?あってるよね。
輝き撃ちは違うもんね?

ご自慢のキャノンを使っているポーズがなかなか上手く取れず・・・。
これもよくあるカッコイイポーズです。

今回、衣装ケースを使った簡易撮影ブースでの撮影では色補正が大変過ぎて、急遽折り畳み式の撮影ブースを準備してそれで撮影しました!

簡易ブースでは黄色が乗り過ぎて、それを補正すると青くなりすぎたり、その青を抑えようとするとマゼンタが強くなったりで安定せずホント大変でした。
上の画像がその時の画像。

新しい撮影ブースで撮影し直してRAW現像までした物がこちら。
背景などの色も安定し、補正自体は非常にやりやすくなりました!

ちなみに、RAW画像を一切補正せずに現像したデータがこちら。
こう見ると、やっぱり補正で狙った色にするというのは大事だなと再認識しますね。

近々、ガンプラビルダー向けに作品撮影についての動画を作ろうと思っています。
また準備が進んだら改めてお知らせしますので、その際は是非!!

YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします