HGUC ガンダム6号機 マドロック その1

HGUCのペルフェクティビリティが終わり、終盤に同時進行でパチ組みをしていたMG版を触っていこうと思っていたのですが、思った以上のボリュームにビビッてしまい、プレバンキットでタイムリーなマドロックに浮気することにしました(笑)
目標としては、ヤフオクの取引完了までを年内に終わらせる感じで。
全パーツ新規の最新キットなので、分割なども程よくなっており、下手にこだわらなければサクッと行けそうな感じです!

はい。
というわけでパチ組みの状態。
なんとまぁ、優秀なキットでしょうか。
塗分けが必要なのは各部の小さいスラスターぐらいみたいです。

現状で気になるのは、
●フロントアーマーとサイドアーマーの間が開き気味なこと。
●腰・肩のアーマーの裏側。
●肩周りのディテールが他に比べて寂しめ。
これぐらいでしょうか?
プロポーションなども違和感がないので、大きな手術は無しで進めていきます!

で、簡単に触れそうな部分から。
フロントアーマーの外側に1ミリ分プラ板を貼り足して幅だししました。
全体に貼っても面白くないので、段差をつけた形状にしてアウトラインを変更しています。

胴体上面に0.3ミリのプラシートを貼り、パネル風のディテールを追加しました。
微妙に前ピンでボケてしまってますが、簡単なパネルラインを入れています。
このパネル部分は塗装時に塗分ける予定。

と、まぁ触れたのはこれぐらい。

全身はこんな感じです。
テンポ落とさずに進めていきます!

では!!