去年の年末に「テンポを落とさず~」とか宣ってたマドロックですが、およそ半年ストップしてようやく仕上げ段階まで進んできました…。
塗装自体は前作のナラティブと並行して行っていたのに、ナラティブで使わない色を吹かないままストップしてしまっておりました。
(黄色とか紺ね)

同時進行で進めているMGザクウォーリア(ディアッカ機)で黄色を吹くのでめでたく再開した次第でございます。

はい。
マドロック単体で本塗装直後を撮るのを完全に忘れていたので、仕上げ待ち3兄弟としての画像で許してほちぃ。
話は逸れますが、こうやってみるとやっぱりエヴァって大きいんですね。
スケールは明記されていなかったはずですが、RGグレードならやっぱり1/144なんですかね?
設定では全高50mとかでしたっけ?こんなのが飛んだり跳ねたりする第三新東京市って恐ろしい。

閑話休題。

この後、タミヤの墨入れ用塗料で各部に墨入れを行いました。
あと、胴体上面に追加したパネル状のディテールなどもエナメル塗料筆塗りで塗分けてます。

カラーレシピは、
■白:ガイアノーツ Exホワイト
■紺:ガイアノーツ マーズダークブルー
■黄色:ガイアノーツ マイルドオレンジ
■グレー:NAZCA メカサフ ヘビー
■黒:ガイアノーツ Exブラック
こんな感じで瓶生オジサンです。

で、デカールワーク後の状態。
この状態でTwitterに投稿したら過去イチいいねを貰っており、大変恐縮しております。

あ、よければフォローお願いします(笑)
おかげさまでフォロワー数もUPいたしました。
マドロック様様でございます。

いつもどこかしらには入れたくなる固め貼り。
今回はシールドに登場してもらいました!
6号機ってことで「06」をこそっと入れたのがチャームポイント。
3枚のデカールで構成されてるんですけど、それぞれの濃さが揃ってればなお良かったんですけど。

「EFF」は単純に「地球連邦軍」
「EFSF」だと地球連邦“宇宙”軍なので、細かい違いですけど明らかに意味があるデカールはその辺りをきちんとチョイスするのが大事かな?といつも思っています。
Wikiとか見て、型番・所属基地・母艦・所属部隊とかを可能な限り調べてからデカールを貼り始めます。

今回もいろいろ調べてみると、マドロックはキャリフォルニアベースへ配備されていた(完成時)ってのを見ると、「EFSF」ではないな、ってなる訳です。
前作のナラティブも母艦が「ローズバッド」となっていたので、「RB」と入れてみました。
バンシィとかフェネクスの肩に「GR(ゼネラル・レビル)」と入っているやつね。
個人的に、最近の縁取りフォントでの母艦識別マーキングは大好物なのです。
この母艦の識別的なマーキングってRX-78-2ガンダムの方に「WB(ホワイトベース)」が入れられてた頃からフォントやデザインなどを変えながら脈々と受け継がれてきてるんですよね。

とはいえ、こんだけ言っておきながら、今回は「キャリフォルニアベース」的なのは入れられていませんが…。
キャリフォルニアベースの基地章みたいなのが見つけきれなかったってのもある。
あと「CA」は「シャア・アズナブル」の方がイメージ強いし、アルファベット2文字も上手く調べきれず。
まぁ、「EFF」と「06」で肩周りはうまくまとまったんじゃない?とは思ってます(笑)

思った以上に熱弁?してしまいましたが…。

使ったデカールは、
●HiQパーツ TRナンバーデカール(ホワイト・グレー)
●HiQパーツ コーションデカール ワンカラー(ホワイト・グレー)
●HiQパーツ コーションデカール(レッド&グレー)
●ガンダムデカールDX06←「EFF」とシールドの連邦軍マーク
●RGデスティニーガンダム用ガンダムデカール←肩に使ったライン
こんな感じのはずです。
いつも、肩から始めて、上半身→下半身と進めるんですけど、手癖で作業するので、段々気合が抜けてきてバランスが上下でバラバラになりがちなのが問題。
今回はそもそも下半身のディテールもある分違和感はそこまで無いかな?
バックパックにだけはもう少し足そうかな?とか思ってたり。

早いうちにトップコート吹いて、本撮影→動画化したいですね。
今月中が目標ですけど、どうなるやら・・・。

YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします