HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ナラティブ版) その6

ほとんど変わり映えしないんですけど・・・全身にデカールを貼り終えたので更新。

IMG_5863
そのままデカールを貼り続けて、あとはトップコートをすれば完成!ということになりました。
アームドアーマー無しの方がきれいにまとまってる感ありますよね・・・(・_・;)

よくよく見ると左肩の「03」がちぎれてしまってるので、いっその事アームドアーマーと同じようにTRデカールに置き換えてしまおうか悩んでます。
マスキングテープでパネルラインを取って、それ通りに切り離せば行けるはず!
よし、そうします、今決まりました(笑)

IMG_5869
単焦点レンズでのちょいアップ。
F1.8でピントは顔周りです。(ちょっとピント甘いですが・・・)

そういえば、今回から水転写デカールの濡らし方を変えました。
今までは、塗料皿に張った水に普通にドボンと付けて浮かべていたんですが、そうするとデカールに含まれている糊が流れてしまい、どうしてもシルバリングしやすい状態になっていました。
で、お店で見たデカール貼りサポートグッズにヒントを得て、塗料皿にいい大きさにカットしたメラミンスポンジ(掃除で濡らして汚れを取るあのスポンジ)を置いて、スポンジを湿らせてそこにデカールを置いて濡らすように変えました。
基本的には厚紙側を下にして置いて、そのままスライド出来ればよし、滑りにくかったらほんの少しだけデカール側を下にして置いて、スライド出来るようになる瞬間を待つ感じで作業しました。
(文章だけではわかりにくいですね・・・また写真撮っておきます)

(これがヒントにしたグッズです)

その効果か、今回はほとんどシルバリングせずにデカールが貼れています!

tilte
文字を入れてる画像しか無くてわかりにくいですが、デカール部分の余白が白っぽくなってしまってるのがシルバリングです。
要は、少し浮いてしまっている為に反射で白く見えています。
デカールの糊が必要以上に流れ出てしまうとなり易い傾向です。
マークセッターなどを使えば流れ出た糊を補えますが、それでもなかなか難しいです・・・。

IMG_5857
見比べてもらうとわかりやすいかと思います。
胸周りがハレーションしてしまってますが・・・。
右胸上面のところとか、MGでは白くなってしまってたのが、ここでは見られません。

そんな感じで、塗装に加えてデカール貼りについても、今回のフェネクスでいろいろ学べたかなと思ってます。

IMG_5880
これも特に変わり映え無いですけど。
塗分けは前回も言った通り、エナメル塗料のジャーマングレーです。

一か所塗り忘れていたところも塗りました(笑)

いつもここからがぐだってしまうので、変に足踏みせずに仕上げてしまおうと思います!

ではでは!