HG シグーディープアームズ その2

2018年12月2日

やる気がある時を逃すと忘れるまでズルズルいってしまうタイプなので、ディープアームズを弄る。

まずオーソドックスなフロントアーマーの独立可動化。
ただ、このキットは単純にプラ棒で繋がってるので、切り離すだけでは抜けてしまう恐れが。
なので、小さく切り出したプラ板を瞬着で付けてから切り離してます。
もうちょっとギリギリまで幅決めてつければよかったかも、ほんの少し左右にゴソゴソ動きます(;´Д`)

肘の二重関節化。
左がアフターで右がビフォー。
ブキヤのメカニカルジョイント(L)を一回りほど小さく削り込んで使いました。
職場の靴修理のグラインダー(?)が使えるので、簡単に出来ました。
最大まで曲げた時に少し不恰好ですが、まあオークションに出品したりするわけではないので大丈夫かなw

軸受けはこんな感じにプラ板で作りました。
3.0ミリの穴がちょうどみたいです。
ノギスで測ったら、軸は2.7ミリぐらいでしたが。
上腕のところで1ミリ伸びてます。
関節の交換で伸びたのと合わせて、2ミリの延長です。

ちょっとわかりにくいですが、後頭部を伸ばしてます。
イメージとしてはイフリートみたいな感じ。
こういうタイプの頭部だと、イフリートとかマラサイみたいな後ろに長い頭が結構好きです。
まだエポパテ盛っただけなので、硬化次第削り出します。

腕が伸びたのに合わせて、太もも部分でも2ミリ伸ばしました。
何気にプロポーション変更するのは初めてww
やっぱり脚が伸びるとスマートな印象になりますね!
スネ部分でも1ミリ伸ばすかどうか悩んでます。
形が複雑なんで、面倒なことになりそうなんですよね・・・。
あと、脚が伸びたことで、短い印象になったフロントアーマーも少し伸ばしたいです。
本当は伸ばすだけじゃなくて、全体的に大きくしたいんですが、ダクトの処理が・・・。
おそらく下方向に1ミリほど伸ばすだけで終わると思います。
まぁ、改修はそれぐらいであとはちまちま表面処理がメインになるかと。
MGバンシィ小説版の予約もしてしまったし、今月中に終わればいいな。
ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ