MG バンシィ 小説版最終決戦仕様(2021)その2

えぇ…新年あけましておめでとうございます。
バンシィも2021年中に完成させるつもりだったので、「2021年版」みたいな感じでタイトルを付けていたわけですが、見事に大ストップをかましてしまいました。

一応、今回はまともな理由があるんですよ?

というのも、この度、マイホームを手に入れまして、その契約や各種申請、引渡しから引っ越し、めちゃんこバタバタしておりました。
賃貸マンション生活から脱出!ということで、ビバ模型ライフ!!と洒落込む予定だったのですが、荷解きや部屋作りをユルユルやりすぎて、結局引っ越しから1ヶ月半経った現在も塗装環境が半分ぐらいしか準備できておりません…。

とはいえ、前回の投稿からだいぶ作業が進んだ部分もあるので、一旦まとめておきます。

キットに付属の箔押しデカールも順調に進んでおりまして、こんな感じ。
サイコフレームに合わせて彩度を触ったので、本体色がだいぶ鮮やかな紺色になってますが、実際はもっと暗い紺色でございます。

前回の投稿の最後に、エヴァネオングリーンを吹いたよー、トップコートに雲母堂のパール吹くよーって書いてましたが、実際に吹いてみたのがこんな感じ。
単品で見るとあまり分からないですが、いい感じのブルーグリーンになりました。
しかも、パールが入っているので、角度によってはメタリックブルーのような見た目にもなります!
ソリッドカラー寄りでサイコフレームを塗りたい!っていうテーマは無事クリア。

エヴァンゲリオン カラーシリーズ EV-04 エヴァネオングリーン【30304】 ガイアノーツ

色味も整ったサイコフレームと外装パーツなどを組むとこんな感じ。
今回もフレーム部分は、自作のアースカラーサフを使っています。

エヴァネオングリーンは蓄光塗料なので、ブラックライト(UVライト)に反応します。
ブラックライトの光は紫外線なので紫。
撮影の時にこの色味をどう処理するか悩みものです。

とはいえ、これが…

こうなるのは、発光の演出としては、バッチリなので、大満足です。
今回はあまり使い道が無さそう&色がちょうどよかったエヴァネオングリーンでいきましたが、蛍光塗料でもブラックライトに反応するので、いろいろと試せることはありそうな気がしております。

このバックショットなんて、どちらの状態でもめっちゃいい感じのサイコフレーム感ですよね。
という、自画自賛。

あとはほんの少しの作業とトップコートのみなので、早いとこきっちり完成させたい!

ではでは、今年もよろしくお願いします、ということで、今回はここまで。

動画もちゃんと再開しますので、その際はご贔屓に!

YouTubeチャンネル登録よろしくお願いします