HGCE デスティニーガンダム その1

ヘイズル・ラー第2形態の製作が終わり、ヤフオクも無事に落札していただいた物を発送し終えたのも束の間。
気分転換にヘイズル・ラーの合間に作業していたデスティニーガンダムをババっと進めます。
というか、もうパーツ洗浄まで終わってるので、工作の紹介を。

改修部分

全身画像

すいません、後姿撮り忘れました・・・。

頭部

アップの画像がないですが・・・
トサカの一段上がっている部分に0.3ミリにプラシートを貼り付けて段差を大きくしています。
それ以外はアンテナをシャープにしたぐらい。

胸部

首元にフレーム状のディテールを足しています。

コックピットハッチのところにバー状のディテールを追加。
見栄え重視の為、シンは降りられなくなりました。

あと、脇腹のところにもフレーム状のディテールを追加。
青い部分の下面を切り欠いてあるんですが、前後のスイングで干渉しないように大きめに切り欠いています。

腹部

腹部の上下を繋ぐフレーム状のパーツを上下に1ミリ延長。
少し胴長さんになって頂きました。
画像で見えているように背中側にフレーム状のディテールを追加。
前回のヘイズルで気をよくしてバーっぽいディテールにしています。
実は左右は接着していないので、パーツの分割通りにバラすことが可能です。
塗装しやすいようにね。

腰部

画像が無くて申し訳ないですが、左右のリアアーマーを中央のブロックから切り離して、角度を変更して再接着しました。
これで脚を後ろに引けるようになりました。
デスティニーのリアアーマーは形状的に太ももの後ろ側に干渉しやすいんですよね。

フンドシ部分には腰と同じようなディテールを追加。
完全に味を占めています。

肩部

肩は天面部分にいつも通りのフレーム状ディテールを。
スジボリ堂の「微美鬼斬(平)」の削り幅とエバグリ平棒の幅がシンデレラフィット!
首のところや脇腹のところも同じような感じでヤスって掘り下げてから貼り付けています。

比較

←アフター ビフォー→

コラージュなので細長くて申し訳ない上に、ビフォーでも頭は触ってしまってますが・・・。
根本的にスタイルが変わるような改修はほとんど行ってないのでそんなに印象は変わらないかと。

最後にバックパック無しで全身の前後を。

最初に書いた通り、パーツの洗浄までは終わってるので、次は塗装後の組み上げ完了状態でしょうか。

では!