HG ドム・トルーパー その1

2018年12月2日

最近、おれの影響か、ガンプラを作り始めた友人がやたらとドムを推してきますwww
ガンダム系はどうもごちゃごちゃしてて気に入らんらしく、彼の中では作るならザクかグフかドムらしいです。
で、彼の3作目が「ドム・トルーパー」に決まったらしく、一緒にキットをヨドバシに買いに行くことに。
種系のキットもそこそこ古いので、もう無いかもねーなんて話をしてたら残り2個。
これも何かの運命ってことで、お互いに1つずつ作ることにしましたww


この系統のイラストをパッケージに使われてる限りはおれはパケ買いし続けてしまうんやと思うwwww
まぁ、HGなんでさっくり作っちゃうつもりだったんですが・・・
ウィザード換装が出来るだと?!?!
その一文にまんまと乗せられて、こいつのウィザードをコンプしたい欲が沸々と・・・。
ってなわけで、ガナーウィザードとブレイズウィザードも用意します。
(まだキットは買ってきてないですが)
それと、折角なので塗装もしよう。
ルナマリア専用機にするか、ハイネ専用機にするか悩みましたが、うつらうつらしてたらなんか西川兄貴の顔が思い浮かんだので、ハイネ専用機にすることにしましたww

この色ね。
どういう配色でドムに落とし込むかはまだ決めてませんが、ギレンの野望に出てくるリックドムとかのカラーバリエーションの配色を参考にしようかな?とは思ってます。
で、簡単な表面処理と仮組みまで終わらせました。

こんな感じ。

ランナーからパーツを切り離す前にサフ500を吹いて、400番のペーパーでこすってます。
パーツ構成を考えなくても後ハメできる部分は接着済みです。

胸部の後ハメはこんな感じ。
赤丸部分は、パーツ下側の軸周りをエッチングノコで切り離した後、ピンをごっそり切り落としてます。
緑丸はその切り離した軸を挟み込んだのと、背中側のピンを飛ばしてあります。
これで、上から襟のブロックが差し込めます。
結構スカスカになるので、本組みの時は瞬間接着剤で接着してしまうかもしれません。

頭部は黒パーツの継ぎ目を消したのと、全体的な面出し。
頬のダクト部分を気持ち周りよりも低く見えるように外側で薄く削ったぐらい。
顔の十字パーツとトサカの接合部分は段落ちモールドを削りなおしました。
ドムの後頭部は長くなってる方が個人的には好きなんですが、今回は見送りました。
あとは、ふくらはぎの合わせ目をどうやって消すかが問題ですね・・・。
考えられるのは、膝の関節ブロックを塗装してしまって、マスキングしてから組み込み、合わせ目消しをする。
ってな感じでしょうか。
もう少し考えてみます。
ではでは、今回はこの辺で。
(´∀`*)ノシ バイバイ