MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(小説版最終決戦仕様)

00

プレミアムバンダイ限定販売の小説版最終決戦仕様 バンシィVer.Kaです。

バンシィのMG化が発表された段階で、買うのは決めていたんですが、まさかこっちも買うことになるとはw
限定版のみについてる金箔仕様のデカールに惹かれて、ついポチってしまいましたw

62

表紙用。
こうするならDモードとUモードのアップ具合を合わせて撮ればよかったよ・・・(;´∀`)

47

48

Uモード。
バンシィに関しては、Uモードの方がかっこいいような気がするんですよね。

60

61

Dモード。

太もものサイコフレームに開いている、外装固定穴をずらしたことによって、2ミリほど短足化してます。
あと、股間フレームがせり出すギミックもオミットしてあるので、さらに脚の長さを抑えられているはずです。

スラスターは全てメタルパーツに置き換えた上で、インナーをクリアブルーで塗装してあります。

49

今回のお気に入りの1枚。
Uモードとバズーカの組み合わせがシンプルで一番かっこいい気がするw

50

51

52

パヒューン!!(あのSEは文字に出来ない・・・)

53

全部盛り。

57

フンドシ部分のサイコフレームを開け忘れた・・・。

58

小説版バンシィの登場シーンまでまだ読めてないので、ポージングががが・・・。

59

「亡霊は暗黒へ帰れぇ!!」
without ユニコーン

55

56

メタルバーニアたち。

【ここから加工の話】
カラーレシピは最下部にあります。

39

小説版ということで、カトキハジメ メカニカルアーカイブス準拠のブロックも金です。
金パーツはキットままのつや消し金。
金パーツにのみ、エナメル塗料のハルレッド+レッドでスミ入れをしてあります。

10

太ももの外装固定穴の位置を変更。
元々の穴を瞬着パテで埋めてから、Uモード用の穴の1ミリ上に再び開孔してます。

11

加工後です。
これでも十分なチラ見せ具合です。

12

上腕の接続パーツ。
パーツを短くしたり削ったりして、1.5ミリほど短くしてあります。
左が加工後。

13

左腕が加工後です。
割りと胴体に寄った印象に変わったかと。

18

つま先に2ミリ分プラ板を貼り足し、瞬着パテを盛って、つま先の延長をしました。
角度も少し変わってます。

これでDモード時の纏足感は緩和されます。
視覚効果的にも短足感も和らぎます。

カッコいいので、すごい満足してるんですけど・・・デカール貼りは死ぬかと思った。
最終的には通常版と並べるのが目標!
本当はユニコーンと最終巻の表紙を再現出来たらいいんですけど・・・そこまで出来る気がしない(;´Д`)

Ver.Kaは初めて作ったので、最後まで楽しめましたw

【カラーレシピ】
塗料記号:無表記=フィニッシャーズ (G)=ガイアカラー (C)=クレオス
 ファンデーションブルー→ブルーブラック+スーパーファインコバルト
 サーフェイサーエヴォ ブラック(G)→スターブライトシルバー(G)→純色グリーン(G)+蛍光ブルー(G)+クリアーブルー(G)
 (フレーム色)サーフェイサーエヴォ ブラック(G)→シルバー(C)+ファンデーショングレー
 ブラック(C)
 (武器等)ファンデーショングレー+カーボンブラックマット微量
 (武器色)カーボンブラックマット+ファンデーショングレー微量
 (武器等)サーフェイサーエヴォ ブラック(G)→スターブライトシルバー(G)
 (Iフィールド発生装置等)サーフェイサーエヴォ ブラック(G)→スターブライトシルバー(G)→クリアーブルー(G)